書評:自分を操る超集中力(DaiGo)


「自分を操る超集中力」今年のお正月に読んだ本ですが、本棚から出て来たので再読。

今気づいたんですけど、DaiGoって、DとGが大文字なんですね(^^

とっても参考になりました。私も、仕事の集中力も高まったと自負しております。上司はなんて言うかわかりませんけどね、HAHAHA!

さて、内容ですが、集中力を自在に操るために必要な基礎知識から入り、

「高い集中力を生み出す7つのエンジン」
「疲れをリセットする3つの回復法」
「集中力を自動で作り出す5つの時間術」

と、なんとも整理された内容でとても読みやすかったです。スティーブ・ジョブスがいつも同じ服を着ていた理由なんかもわかりやすく解説してくれています。

私が特に気に入って、紹介したいメソッドは以下の3つです。

瞑想

いきなりスピリチュアル!? いえいえ、実は瞑想の効果は科学的にも認められているそうです。集中力がトレーニングで鍛えられる、これは嬉しい事です。

やり方は、じっと座って、ゆっくりと鼻呼吸するだけ。ゆーっくり、ゆーっくりです。

ちょっと集中力が途切れて来たな~って時にすると、とても効果的です。
習慣にすると、とてもポジティブな気持ちになれますよ。

あと、胃カメラ飲んだ時も、この呼吸法すると楽になったりしました(^^;

ポモドーロ・テクニック

すいません、ずっと「ホモドーロ」だと思っていたのですが、ポモドーロでした。

肝心の内容は、「25分集中して、5分休憩を繰り返す」というテクニックです。
25分間は、一つの事だけに集中しなくてはいけません。

25分は、なるべくキッチンタイマーやストップウォッチを使って残り時間を見える化します。
心理学でいうところの「デッドライン効果」によって、集中力が増していきます。

私はブログを書いている時にも使っています。できれば25分以内に1エントリー書き上げたいですが、2ループ目に入ることもあります… あと、会社の仕事でも使っています。

ちなみに、会社でやるときにはキッチンタイマーだと爆音が鳴り響いて周囲に迷惑この上ありません。音の消せる卓上タイマーがおススメです。私は下のヤツを使っています。

音ではなくて光で目覚める+超早起き

音ではなくて光で目覚めた方が良いのは、以前別のエントリーで書いた通りですので、説明は割愛します。
朝起きるのが本当に楽になった「光目覚まし時計」

DaiGo先生の本の中でも、
「眠っている間は光の刺激を受けない」
「朝は、音で起こす目覚まし時計をつかわない方が良い」
「朝に光を浴びる事がとても大事」
と書いてあります。

そして、それを実現するための手段として、「hue(ヒュー)」を紹介しています。

私、「hue」も調べたんですが、結局「intiSQUARE」に落ち着いています。
こっちの方が、設置もお手軽で安いし、光も明るいので選びました。満足しています。

上に紹介した以外にも、いろいろなメソッドとその背景がわかりやすく解説されていますので、仕事に趣味に「集中力をつけたい」という方にはおススメの良書です。
集中力を鍛えて、自分を操っちゃいましょう^^

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調
レクタングル(大)メモ調

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調