書評:LIFE 人間が知らない生き方(麻生羽呂、篠原かをり)

あなたは、知っているだろうか。
ネコがすり寄ってくる理由を。
イルカが、ジャンプする理由を。

キリンが実はアフリカでも1~2位を争う強さを持つことを。
ナマケモノのお釈迦様のような生き様を。(Introductionより)

動物が教えてくれる、生きる知恵

動物の生態や特徴をマンガを使って説明してくれます。

これがですね、すごーく深いんです(笑)

例えば、タコは「最も賢い無脊椎動物」と言われ、再生能力等の身体能力も高いのですが、非常に繊細で、ストレスで簡単に死んでしまうとか。
そんなタコの教えは「疑心暗鬼 鬼を生ず」

ナマケモノの愉快すぎる生き様は「あきらめも心の養生」
ナマケモノの睡眠時間は1日最長20時間、食事には1日に葉っぱ8g。
しかし食べたものを消化するのに16日程度かかるため、「お腹いっぱいなのに餓死する」という、仏教の教えを彷彿とさせる死に方もあるとか。それでも種として生き残ることができるんだから、ニートなんて大したことないよ多分。

個人的に面白かったのはペンギンのパートで、「ファースト・ペンギン」という言葉があるんですが、このファースト・ペンギンは望んで一番最初に飛び込むのではなく、仲間に蹴り落とされるケースもあるとか。なるほど、深いな(笑)

掲載されている動物は

ペンギン、ライオン、パンダ、ネコ、キリン、ミツバチ、ハダカデバネズミ、ラッコ、カピバラ、ゾウ、リス、イルカ、ウシ、タコ、ラーテル、ナマケモノ、ゴリラ、ダンゴムシ、イヌ、カンガルー。

各動物のパートは、マンガー解説文ー豆知識の順番で構成されています。

マンガと解説文はなかなか感動的ですが、豆知識もなかなか楽しいです。

〇フグの毒でハイになるイルカがいる
〇ゾウの嗅覚は犬の2倍
〇ライオンもマタタビで骨抜きになる

などなど。雑学好きなら一読の価値ありかと。

売り上げが良かったらLIFE2が出るらしいよ!

”スタッフ一同、制作する気満々!発売未定!”

私は読みたいです。買ってあげてください(笑)

スポンサーリンク

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調
レクタングル(大)メモ調

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調