クラロワ世界一決定戦に見る、e-Sportsの未来!

ゲーム

12月3日(日)、ゲームアプリ「クラッシュ・ロワイヤル」(クラロワ)の世界一決定戦がロンドンで行われました。

この決定戦には187カ国・2700万人が参加し、決勝に残った16名がトーナメント方式で対戦しました。

賞金総額はなんと1億円。
優勝したメキシコ代表のセルジオラモスさんは15万ドル(約1700万円)を獲得しました。

日本からも決勝トーナメントにフチさん、アマテラスさんの2名が参加しましたが、残念ながら1回戦で敗れてしまいました。

クラロワは日本での人気はソコソコみたいですが、海外ではかなり売れまくっているゲームです。高い戦略性・心理戦を楽しめるゲームとして大人気。

ちなみに、私がクラロワ始めた時のエントリーがこちら。
Matasuu Cloverの名前で出ています(笑)
クラッシュ・ロワイヤルを始めてみたらハマった

当日の動画がこちら。たかがゲームと侮るなかれ、「世界一」ってスゴイ事ですよ…?

『e-Sports』の可能性を感じる…!

リアルタイムで見てました。

会場の様子。会場の床がディスプレイになっていて、ゲームのフィールドを模しています。
実際にゲームの中に入るようなヴァーチャル感…!

 

日本語での実況は、人気Youtuber達。決勝には8か国の代表が来ているので、各国の放映ブースがありました。グローバル!

 

真剣な選手達。世界大会のレベルになると、カードを最適に使うのはもはや当然で、
いかに相手の心理を読んで先んじるかの勝負になっていました。

 

イスラエル代表対メキシコ代表、イケメン対決。

 

ゲームのインターバルにはショーもありました(^^

 

 

決勝戦は、会場の床が抜けるような演出…!AR!

 

勝利を喜ぶチームメンバー。海外ではゲームのプロチームがいて、プレイヤーだけではなく、相手の分析や戦略を考える人達でプロチームを作るそうです。

いや、本当にもうコレスポーツですわ!

ショービジネスですね!

 

日本勢は、場の雰囲気に呑まれてしまったのかな…?

さて、日本からも二人、決勝トーナメントに進出していたのですが、どちらも残念ながら一回戦敗退してしまいました。

二人とも、ほんのわずかなミスが敗因となったと私は感じました。ほんのちょっとの差…惜しかった~

フチさんの直接の敗因は「ガゴ群れが一瞬でファルチェに溶かされた事件」で、これをミスと呼ぶのはちょっと可哀想ですが、勝負の世界はあまりにも厳しいのですね。

ゲームを知っている人向けに少し図解してみました。

上記はほんの一瞬の出来事。正直、不運としか言いようがない。
でも世界一をかけた勝負で、この差は多き過ぎた。ホントに厳しい世界です。

今回は負けてしまいましたが、二人ともまだ若いので、ドンドン盛り上げて行って欲しいです。

世界では「e-Sports」が体現されている!

AIとかロボットが発達してくれば、エンタメ業界・ショービジネスに人的リソースが向けられるのは確定的に明らかというもの。

「e-Sports」の未来は明るいでしょう。

日本のゲームは萌えとか無双(オレ強え!)に走りがちですが、ゲームではガラパゴス化する事なく、全世界を相手に活躍して欲しいと思った、そんな日曜の夜でした。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます。

コメント