仮想通貨のメリットを理解するのが2か月遅かった件

イーサリアムで仮想通貨の凄さがやっと分かった

いやマジで。

仮想通貨のイーサリアム、それが内包する可能性に気がついたのは、5月末でした。

それまで、ビットコインやフィンテックの話題は聞いたことがあったのですが、正直、本屋で山積みになっている本を見ても「胡散臭いな~」程度にしか思っていませんでした。というのも、ビットコインの明確なメリットは「低コストで送金(取引)できる」事くらいだと理解していたからです。

もちろん「お金の信用を担保するものが『武力』から『知力』に代わる」とか、「国主体の通貨からネットワークの通貨へ」みたいな、哲学的なところはあると思いますよ。あるけど、それって明確なメリットとは呼べないと私は思います。

明確なメリットがなければ、キャズムを超える事はできないのではないか?というのが、仮想通貨に対する5月までの私の見方でした。

イーサリアムの「スマートコントラクト」は明確なメリット

どうメリットがあると私が理解しているのかは、6/5のエントリー「イーサリアムはビットコインを超えるんじゃないかな…」をご覧いただければ幸いです。

これは明らかに、ビットコインとは別物です。その可能性に投資したい!と思いました。

が!しかし!

気づいたのは、高騰した後だったよ!4月から見たら6倍、3月から見たら30倍くらいになってるじゃないかーヽ(*゚∀゚)ノアヒャヒャ

私は株を買う時もPBR(Price Book Value Ratio)で割安感を重視するチキンなので、「適切な時価総額を超えている」ともいわれる高騰後の銘柄で大勝負する勇気が出ませんww

でもとりあえず、6/5に10イーサ(当時28万円程度)買いました。一番手っ取り早く買えそうなcoincheck(コインチェック)と言う取引所で、最短で口座開きました。

私は「スマートコントラクト」の技術に着目しているので、イーサリアム一本です。ビットコインとかリップルには浮気しません(笑)

買った時は、10イーサで28万円くらいでした。今日見たら、31万円になっていました。1週間足らずで約10%の値上がりです。これ、株だったらすぐに利食いしているレベル…

ホントはもっとぶっこみたかったんですが、私の株をやっている感覚にしたら、これだけ急騰した後に大量に買うなんてできないですよ(^^;

イーサリアムの凄さを、もっと早く理解できてたらな~とは思うのですが、これはもう仕方のない話でまさにサンクコストなので、これから先のリスクとリターンを最適化する方法を考えるのが建設的ってもんですね。

さてどうなんでしょう、買い足したい気持ちはありありなのですが、株の感覚からすると見るからに高値…でもそもそも新規技術だしそんなの関係ねーよな…なんて悩んでいる時間がたーのしー!なのですね。

イーサリアムのスプレッド高すぎ問題

でも、取引を始めたことで色々と見えてきたことがあります。

coincheck(コインチェック)は、手軽に様々な通貨が日本円で買えるという大きなメリットがあるのですが、手軽なゆえに、少し割高だと思います。

coincheckでは、実質的な手数料はスプレッドという形で取られます。スプレッドとは、円→イーサリアムに替える時の値段と、イーサリアム→円に替える時の値段の差です。

6/10のとある時点の 「イーサリアム対円」のレートは 1イーサ:31,576円でしたが、

円→イーサの時 1イーサ:32,333円
イーサ→円の時 1イーサ:30,874円

です。(つまり、同じレートの時に売買を繰り返すと損をしてしまいます)
十分に値上がりすればいいんですけど、この差はなかなかに大きいですね~

という事で、もっと効率良くイーサリアム仕込めるところないかな~って業者探したところ、「BITPoint」って業者を見つけました。coincheckには、イーサリアムの取引所(※)がなくて販売所しかないんですが、BITPointには取引所があるようです。

まだ申請書を送ったばっかりで使い勝手とかわからないのですが、無事に口座が開けたら、良い点悪い点等、また書きたいと思います。

ちなみにですが、私デイトレードはやりません。めんどくさいので←

イーサリアムが暴落したら笑ってください。

スポンサーリンク
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調
レクタングル(大)メモ調

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)メモ調