仮想通貨にかかる税金は分離課税にならないの…?

仮想通貨

税金安くして欲しいなあ~

フランスでは仮想通貨への税金が大きく下げるようです

フランス、暗号通貨の税率を45%から19%へ引き下げ

フランスではこれまで暗号通貨に関する利益を産業上および商業上の利益または非営利利益のいずれかに分類していたが、新たに「可動性」と分類することとなる。車両、航空機、貴金属、知的財産などの輸送可能な資産の扱いと同様になり、19%の税率が適用される。

日本の税率はどうかと言いますと

日本では、仮想通貨の取引による利益は「雑所得」となりまして、累進課税で所得税がかかります。

上記の所得税と、一律10%の住民税がかかりますので、例えば900万円超だと税率は43%って事になります。

「仮想通貨で億り人~♪」とか言っていた人たちは、いざ換金しようとすると半分くらい国に持っていかれる事になるんですね。

分離課税の議論も起こっているけど…

「仮想通貨は証券扱いにするべきなんじゃないの?」という議論に付随して、「仮想通貨の利益は(証券と同じように)分離課税にするべきなんじゃないの?」という議論も起きています。

分離課税になると、税率は一律で約20%になります。

でも、麻生さんは慎重姿勢…

麻生財務相:仮想通貨の分離課税への変更、国民の理解が得られるか疑問

麻生太郎財務相は25日、仮想通貨取引で得た利益を「申告分離課税」に変更するべきとの質問に対して、国民の理解が得られるかは疑問だとし、慎重な見解を示した。

現状の仮想通貨界隈を見れば、投機目的のギャンブルが支配的なので、確かに国民の理解は得られないかもしれません。

っていうか、仮想通貨の仕組み自体、ほとんど国民に理解されてないと思うけどな。

こういう仕組みづくりをしっかりと進め、規制も含めて日本が世界のイニシアチブを取る!くらいの意気込みがあっても良いと思うのですが、この辺がいかにも日本的です。

第二次仮想通貨ブームは、いずれ来ますよ

その日は、突然やってくると思います

「仮想通貨で普通に買い物ができる日」これは時間の問題で実現すると考えています。

もちろん、スケーラビリティやボラティリティ等、解決すべき課題は膨大ですが、新たな経済圏はすでに生まれ始めています。

その時の主役が、今ある仮想通貨だとは限りませんが、私はイーサリアムさんの可能性は結構ある、と思っているのです…!

私はその辺の投機目的で仮想通貨を買っている「クソダサい投資家」と違って、技術的可能性と思想に浪漫を感じて、ちょいとばかり手を出しているのです。…と、言っておきましょう。

イーサリアムの権威は向上中だけどチャートは下降中

今年5月に中国政府(工業情報化省)が行った、仮想通貨の格付けによると、1位はイーサリアムとのことです。トーゼンですね。

アメリカの民間会社Weiss Ratingsの格付けでもイーサリアムは最高評価ですし、やはり現状では一番将来性を評価されている仮想通貨と言えるでしょう。

・スマートコントラクトの思想
・計画的なハードフォークによる技術的なアップデート
・大手企業もプロジェクトに参加している信頼感

などなど。こんなにスゴイ仮想通貨なら、さぞや値上がりもしている事でしょう、と久しぶりにチャートを見てみると…

あっるぇ~?? 下がっとるな~

まあ、もう既に元は取ったので、例えイーサリアムさんの価値がゼロになっても「夢をありがとう」って思うだけの話なのですが、ブロックチェーンとスマートコントラクトの描く未来図は、人類を新しいステージに押し上げると思うのです。

マタスーは、イーサリアムさんを応援しています。

コメント