「嘘喰い」が大好きです

エンタメ・生活

昨年末に終わっちゃったんだけど

面白かったですよこの漫画!

「キングダム」「HUNTER×HUNTER」と並んで、好きなマンガの一つです。

ちょっと残酷な描写もありますが、その辺に耐性のある方にはぜひおススメしたい。

ギャンブル&バトルの最高峰

知力と暴力、両方ありの世界観

平たく言うと、命を懸けたギャンブルとバトルの漫画です。

基本的には頭脳戦のギャンブルなんですが、ルールの範疇なら暴力もあり。

暴力・バトルもありだけど、それはあくまでもギャンブルのルール内。
ルールを逸脱した暴力は認められない。その担保となるのが賭博組織「賭郎」

この辺のバランス感が最高です。

知力だけでは勝てないけど、もちろん武力だけでも勝てない。

まあ、主人公の腕っぷしは最弱レベルなんですけどね。

命を懸けたギャンブルに見入ってしまう

この漫画、ほとんどの相手は何らかのイカサマをしてくるのですが、主人公の「嘘喰い」はそのイカサマを逆用して、勝つべくして勝ちます。なかなかの爽快感です。

「引っ張り」と「ネタ晴らし」のバランスも良くて、テンポ良く読めます(単行本読み)。

似たようなギャンブルマンガのカイジは、引っ張りすぎだと思うんだよね。(個人の感想です)

イカサマしている相手を逆にひっかけた時の、嘘喰いの表情は最高です。

あと、種の伏線はかなり前から出てくるので、「思いつき」で描いてる漫画じゃないなって実感できます。かなりのシナリオ構築力だと思う。

勝負の内容としては、水中で酸素を賭けたポーカー(負けたら溺死)とかファラリスの雄牛っていう恐ろしい拷問具が出て来たりして、たまに「うわ~、グロいな怖いな読むのやめようかな」って思うのですが、描写が極端にグロいわけではなく、勝負が進むと見入ってしまう魅力があります。

格闘シーンでの作画もスゴイ

純粋な格闘漫画としても十分にイケるんじゃないのっ?って思う。

戦いの中でやっている事がちゃんと理解できる描写力で、たまに読者をだますトリック的な表現が出て来て油断できない。

それに、登場するキャラクター達が、格闘漫画のキャラとしても成立するくらい立っています。

圧倒的な「暴」を感じさせる、格闘漫画としても魅力的な作品です。

この作者は、読者までだます

作中にミスリード的な表現が出て来て、読者も騙されます。それが楽しい。

ちゃんと読むとどこにもウソは描いていないので、
「うわ、そういう事か」って騙される楽しみがあるんです。

もう、作品も終盤は読者を騙す事に全力を尽くしている感もありました。

「あんた、嘘つきだね…」

 

という事で、この作品、絵もストーリーもぴったりハマりました!

「カイジ」とか「ライアーゲーム」とか、このジャンルが好きな人はぜひご一読を。

ではではっ!

コメント