なんだかんだ言って、チャゲアスは僕の青春だった

エンタメ・生活

マタスーは語りたい 心に残っているアルバムを

掃除してたら、チャゲアスのCDがたくさん出て来ました。

CHAGE&ASKA、なつかしいなあ。

中学生の時に「Love Song」「Walk」を知って、その日のうちにアルバムを買いに行ったなあ。

生まれて初めて買ったアルバムが「TREE」。残念ながら今はどっかいっちゃって見つからないけど、楽曲はほとんど覚えてますよ…

古いアルバムもレンタルショップで借りたりして、チャゲアスの曲はほとんど聞きました。

分かってくれる人どれだけいるんだろう?とも思いながら、
個人的に好きだったアルバムの感想等を綴ってみたいかと思います。

まあまあ、名曲「PRIDE」でも聞きながらごゆるりと…

黄昏の騎士(1982年)

デビュー当時のちょっと演歌っぽいチャゲアスも好きです。
「演歌フォーク」とか呼ばれちゃうけど、時代だから仕方ないよね。

センスは超初期から光っていると思う。

このアルバムの前だと「流恋情歌」とか「万里の河」は外せないですね!

このアルバムは「黄昏の騎士」「放浪人(TABIBITO)」といったところで初期チャゲが輝いているので印象に残っております。

チャゲアスはASKAだけだと思っている人には四肢を拘束してチャゲ曲メドレーを聞かせてやりたい。まあ、私もASKAソロは聞いてもMULTI MAXはあまり聞いていないんだスマン。

あと、何回かセルフカバーされている隠れた名曲「南十字星」も初出ですね。

1.黄昏の騎士|2.南十字星|3.男と女|4.夜のジプシー|5.月が海にとける夜|6.誓い|7.いろはにほへと|8.琥珀色の情景|9.安息の日々|10.愛すべきばかちんたちへ|11.長い雨のあとに|12.放浪人(TABIBITO)|13.真夏の国境

Z=ONE(1985年)

この頃から、チャゲアス固有のファンタジー感が出てきたように思います。

「TWILIGHT ZONE」「メゾンノイローゼ」「誘惑のベルが鳴る」
「オンリー・ロンリー」「マリア(Back To The City)」

この辺りのメロディが耳と記憶に残っていて、たまに口ずさんじゃいます。Rin-Ga Rin-Ga Rin!!

1.TWILIGHT ZONE|2.棘|3.J’s LIFE|4.メゾンノイローゼ|5.誘惑のベルが鳴る|6.マドンナ|7.オンリー・ロンリー|8.星屑のシャンデリア|9.さようならの幸せ|10.マリア(Back To The City)|11.標的|12.真夜中の二人|13.SHAKIN’NIGHT

MIX BLOOD(1986年)

これはアルバムの名前にもなっている「MIX BLOOD」がね…!当時リアル中二だった私の中二心に火をつけたのです…!

当時、手塚治虫原作のアニメ映画で過去と未来の血が走るヤツがあって、チャゲアスとは何の関係もないんだけど「おお、まさにこれだぜっ!」って思った記憶があります。
…タイトルが思い出せない…

今思うと他の曲の印象が弱いかも。2番目に好きなのは帰りたいね「やっぱりJapanese」。発表当時は不評だったとか。私は好きだけどな~

1.EXPLOSION|2.MIX BLOOD|3.TEKU TEKU|4.不条理なKISSを忘れない|5.黄昏を待たずに|6.NEWSにならない恋|7.ADIOS SENORITA|8.かけひき|9.シングル・ベッド|10.やっぱりJAPANESE|11.月のしずく

Mr.ASIA(1987年)

ああ、このアルバムは全曲カラオケで歌えるくらい、すべて記憶に鮮明だな…

「Mr.ASIA」って自分達のことを言っているんで相当強気だと思いました。
この後「SAY YES」以降のヒット連発で現実にそうなっていくわけですが…

「どのくらい”I love you”」は後期のASKAのバラードを彷彿とさせる完成度。

「LONDON POWER TOWN」は学生時代に友達と徹夜麻雀やった時にコレが流れてくると元気になった、アップテンポの曲。

「スローダウン」「PLASTICK KISS」「指輪が泣いた」「夏の終わり」、どれもチャゲの存在感が大きいです!

そうそう、光GENJIに楽曲を提供していたのもこの頃だと思います。

1.Mr.ASIA|2.mebius|3.噂のトラブル・メーカー|4.SAILOR MAN|5.どのくらい”I love you”|6.スローダウン|7.LONDON POWER TOWN|8.PLASTIC KISS|9.指環が泣いた|10.夏の終わり

ENERGY(1998年)

めちゃくちゃ聞きまくったアルバムの一つ。友達にも布教して回っていました。

「Trip」はスゴクイイバラードなんですが歌うのが難しく、カラオケでチャレンジしては爆死していました。

「Energy」「Love Affair」はアップテンポで人気の高い楽曲。私も好きですわ~。

「Rainy Night」から「東京Doll」への繋ぎもイイです。

ASKAのバラード「迷宮のReplicant」は知名度こそ低いのですが、屈指の名曲だと思う。私の中で「好きなチャゲアスの曲ベスト5」には確実に入ります。

1.ripple ring|2.Trip|3.赤いベッド|4.Energy|5.Rainy Night|6.東京Doll|7.Love Affair|8.夢のあとさき|9.迷宮のReplicant|10.Far Away

PRIDE(1989年)

収録されている表題曲「PRIDE」は、一番好きな曲に上げるファンも多い名曲です。

「TREE」の次に買ったアルバムで、これでチャゲアスの虜になりました。

「Love Song」「Walk」はもちろんの事、「天気予報の恋人」「砂時計のくびれた場所」などなど、代表的な楽曲が揃ってます。

大ブレイクする直前のアルバムですが、この時点でもうヒット確定って感じですね。

あと、セカンドディスクに入っているオリジナルとはアレンジの違う「MOON LIGHT BLUES」
私はPRIDE.Verの方が圧倒的に好きでカラオケで歌いたいと思っていましたが、いつもオリジナル版しかなくて悲しい思いをしていました。

1.LOVE SONG|2.PRIDE|3.SHINING DANCE|4.HOTEL|5.Break an egg|6.さよならは踊る|7.砂時計のくびれた場所|8.天気予報の恋人|9.Don’t Cry, Don’t Touch|10.絶対的関係|11.流れ星のゆくえ|12.WALK|13.MOON LIGHT BLUES|14.嘘|15.終章|16.追想の主題|17.熱い想い

SEE YA

“See ya”ってのは”See you”の気取った言い方ですが、このアルバムを聞いた方はチャゲアスの沼にいらっしゃいませ!

「太陽と埃の中で」はある程度の年代の人は一度はサビを聞いたことがあるはず…

「DO YA DO」「水の部屋」「モナリザの背中よりも」…こうして見るとこの時期の曲の完成度、ヤバイな。色々と他のアーティストにも曲を提供しているはずなのですが。
才能が止まらない時代ですね。

1.DO YA DO|2.水の部屋|3.すごくこまるんだ|4.ROLLING DAYS|5.Primrose Hill|6.僕は僕なりの|7.Reason|8.モナリザの背中よりも|9.ゼロの向こうのGOOD LUCK|10.YELLOW MEN|11.太陽と埃の中で

TREE

そして、「SAY YES」「僕はこの目で嘘をつく」の大ヒットによって、一気に日本を代表するアーティストになったCHAGE&ASKAなのでした!

先に書いた通り、初めて買ったアルバムがこの「TREE」なのですね。

チャゲアスはもうほんとにイイ曲揃いなんですけど、あえて言うなら、このアルバムに収録されている「クルミを割れた日」が全てのチャゲアス曲の中で一番好きなのです!

1.僕はこの瞳で嘘をつく|2.SAY YES|3.クルミを割れた日|4.CAT WALK|5.夜のうちに|6.MOZART VIRUS DAY|7.誰かさん~CLOSE YOUR EYES~|8.明け方の君|9. CATCH&RELEASE|10.BAD NEWS GOOD NEWS|11.BIG TREE|12.tomorrow

「GUYS」以降のアルバムもほとんど買いました

自分でお金も稼げるようになったので、以降のアルバムはほとんど買いました。

「GUYS」「RED HILL」から「DOUBLE」まで。

全部書こうとするとまた腱鞘炎が再発しそうなので今日はこの辺にしておきますが、

私の好きなアルバムは「CODE NAME.1 Brother Sun」(1995年) と「CODE NAME.2 Sister Moon」(1996年) だったりします。

バンドアレンジの「Brother」とかも超好きな曲です。

コードネーム1が出たのに次のコードネーム2いつ出るんだよ!って1年以上待ちわびました。
なつかしい…

もう、チャゲアスの新曲は出ないのかな…

チャゲアスを一枚だけ買うとしたらこのアルバムかと

初めての人に私がおススメするならやっぱり「Yin & Yang」かな~

ファンの人にはいろいろ意見があると思いますが、これはベスト盤なので間違いナシ!と思う。

公式動画も上がっているので、ぜひ今の中高生にも聞いてほしいよ。

チャゲアスファンの方は、Twitterなんぞで繋がりましょう(^^

ではではっ!

コメント